一般財団法人ラスキン文庫について

 ラスキン文庫は、ジョン・ラスキンの熱心な研究者であった故御木本隆三(1893-1971)のコレクションを基として1984年9月に開設された図書館である。公益法人制度改革により、2011年4月1日以降は、財団法人ラスキン文庫から一般財団法人ラスキン文庫へと移行した。19世紀の英国ヴィクトリア朝期の美術評論家・社会思想家ジョン・ラスキン(1819-1900)の著作ならびに関連資料(和書・洋書)約4900冊を一般に公開している。
 ラスキン文庫の事業は、御木本隆三コレクションおよび、ラスキン文庫開設後に蒐集されたラスキンに関する図書、資料等を整理保存し、これらを一般公開することによって、内外のラスキン学術研究に役立てること、また蔵書、資料等の展示会やラスキン研究講座および講演会の開催等によりラスキン思想の普及に貢献し、文化の発展に寄与することである。


 John Ruskin (1819~1900)

ジョン・ラスキンはロンドンに生まれ、幼年時代より美術、文芸、宗教、自然観察の教育を両親から受け、後にオックスフォード大学に学び、詩についての著作、美術批評などに力をいれ、若干24歳で名著『近代画家論』を発表し時の人々を驚かせた。しかし彼は当時の英国において美を説くよりは、道を説くことが急務であると信じ『建築の七燈』『ベニスの石』『この最後の者にも』『胡麻と百合』などを著し、美術批評から経済社会教育に限りない情熱を注いだ思想家として、19世紀後半幅広く活躍し81歳でこの世を去るまで、英国人の生活や思想の啓発に多大な影響を及ぼした偉大なる先覚者と言われている。


 御木本隆三 (1893~1971)

御木本隆三は真珠王として知られる御木本幸吉の長男として生れ、第一高等学校の時にラスキンの思想にふれ、当時、ヒューマニズムの立場から経済思想の探求に情熱を燃やし、ラスキンにも深い関心を持ち、青年学徒に大きな影響を与えていた河上肇教授を師とすべく、京都帝国大学に入学。師の奨めもあって、ラスキン研究に没入していった。そうした状況の中で、隆三は家業を嗣ぐことよりラスキンの研究に熱意を傾け、1920年イギリスに渡り、ロンドンやコニストン湖畔など、ラスキンの故地を訪れ、ラスキンの親戚、友人とも会い、関係書籍の蒐集にも努めた。この時以降29年までの10年間に、しばしば渡英し、ラスキン遺墨・遺稿などの入手に努めもした。隆三は1931年にラスキン協会を設立、ラスキン協会雑誌を刊行し、34年には東京銀座に「ラスキン文庫」も開設した。(ラスキン文庫前理事長 故隅谷三喜男氏による「現代文化に問いかける図書館」より)